コドミン 何歳から

子供用のサプリメント【コドミン】は何歳から飲んでOK?

 

近年、ADHD(多動性障害)を疑われる子供は多くなっています。

 

クラスに1人〜3人程と推定されているほどです。

 

 

授業中落ち着きがなく、イスに座っていられなかったり、先生の話を最後まで聞けず席を立ってしまったり、多分ひとクラスに1人位は昔もいましたよね。

 

昔は少し変わった子だなあ位にしか思いませんでしたが、おそらくそれが近年言われているADHD(多動性障害)だったのでしょうね。

 

 

今は何でも調べられる時代になり、やはり自分の子供がその障害の対象に少しでも当てはまれば心配になりますよね。

 

 

しかし、病院に行くまではまだ気が重すぎるというお父さん、お母さん、コドミンという安心のサプリメントがあります。

 

 

サプリメント?大丈夫?何歳からでも飲めるの?と大切なお子様に飲ませるものですから慎重になりますよね。

 

 

安心して下さい。

 

 

コドミンは医薬品ではなく栄養補助食品に当てはまりますから、いわゆる子供用サプリメントといった感じで飲むことに年齢制限などはないようです。

 

しかし,
100円玉より少し小さめのタブレットタイプになりますから飲み込みが安心でき、歯が生え揃う3歳位がおすすめのようです。

 

 

 

味も甘酸っぱいラムネ味でお子様が食べやすい味にできているようです。

 

何粒食べても問題はないようですが一応サプリメント感覚で1日に2〜3粒位がオススメの飲み方です。

 

 

2、3歳位になると自我が芽生え始め、良くイヤイヤ期と言われる年齢で、子育てを経験している親御さんにとって、とても大変な時期にもなる時ですが、こんなものかと乗り越えられる親御さんもいれば、もう嫌!となる親御さんもいると思います。もちろんその子供の気質もあると思います。

 

そんな時もコドミンは始めるきっかけになっても良い年齢だと思います。

 

(2歳は飲み込みに注意してあげましょうね!)

 

 

 

そして成分も大切なお子様に飲ませるものですから大切ですよね。

 

 

もちろん成分も安心です。

 

今注目されているホスファチジルセリンという大豆に少量しか含まれない成分が配合されていて、ホスファチジルセリンは脳の神経伝達を活発にしてくれ脳内の血流を良くし、その結果、集中力、記憶力、判断力、注意力が良くなる事がわかっています。

 

そんな貴重な栄養素のホスファチジルセリン、大豆から摂取しようとしたら3.3キロは食べないといけません。

 

 

しかしコドミンなら1粒にホスファチジルセリンが100mgも含まれているのでコドミンを1日1〜2粒飲むことで必要な量のホスファチジルセリンを簡単に摂ることができます。

 

 

そしてADHD(多動性障害)は今や子供だけではなく、大人から発症するケースや大人になって気づく人も少なくありません。

 

 

今まで学生の頃までは集団生活に不便や違和感を感じつつも、気づかず来た人が就職したことにより分かるケースもあるようです。

 

 

  • 就業時間にいつも来れず遅刻
  • デスク周りがいつも片付けられない
  • 先方との約束を忘れてしまう
  • 大事な会議を忘れてしまう

 

 

など本人は悪気がないのにどうしても出来ない。

 

 

そんな大人の方にもコドミンは有効のようです。

 

 

やはりお医者さんに行くにはちょっと勇気もいるし時間もない、誰かに相談も出来ないと悩んでいる大人の方にもオススメのサプリメントです。

 

 

周りにも気づかれずタブレット感覚で食べられるので薬ともみられず気兼ねなく飲むことができます。

 

 

大人にも子供にも何歳からでも飲めるコドミン。

 

親子でも飲む事ができそうです。

 

 

一度飲んでみる価値はありそうなサプリメント発見ですね。

 

 

 

>>コドミンの詳細はコチラ

 

 

関連ページ

気になるコドミンの成分はどんなものが使われてるの?
コドミンの成分について詳しくお伝えしています。 子供に飲ませるものなので、成分は気になりますよね。コドミンの主成分は一体何なのでしょうか?
コドミンは副作用の可能性や危険はあるのか?
コドミンに副作用はあるんでしょうか?コドミンが効果的とはいえ本当にリスクがないのか気になると思います。そんな情報を知りたい方のために詳しくお伝えしています。