コドミン 副作用

コドミンは副作用の可能性や危険はあるのか?

 

近年ADHDという発達障害のひとつでもある、「ADHD→注意欠陥・多動性障害」を発達障害の病気と認められてから、幼児期から小学生位に比較的多くみられるようになりました。

 

 

そんなADHDを疑われるお子様や、普段落ち着きがなく手を焼いているお子様に落ち着きや集中力をサポートするサプリメント、コドミンがあります。

 

 

しかし大切なお子様の口に入れるものなので1番心配なのが成分や製造元ですね。

 

つまり、このコドミンには副作用などデメリットはないのでしょうか?

 

 

 

そもそも、コドミンの成分は主にホスファチジルセリンという大豆に含まれる成分が使われています。

 

 

ホスファチジルセリンは脳内の血流を活性化し、神経系に伝達が上手くいきADHDの症状が緩和される働きがあるようです。

 

 

 

ただし、大豆から摂ろうとしても僅かしか抽出できない為、大豆から摂取するには3.3キロも食べなければなりません。

 

 

 

しかし、コドミンなら1粒に100mgも含まれているので1日に必要な摂取量を1粒から2粒で摂る事ができます。

 

 

 

 

大豆成分なので副作用も比較的気にせず安心して摂る事ができますね。

 

 

そもそもコドミンはお薬ではなくサプリメントなので重大な副作用を及ぼす成分は含まれていないようです。

 

 

ただし、アレルギーの方は摂取する量及び成分内容をしっかりご確認の上、慎重に摂るようにして下さい。

 

 

口コミのほうでも重大な副作用が出てるような口コミはなかったので安心かと思います。

 

 

しかしサプリメントとはいえ、多量摂取や、飲み方を守らなければ胃腸障害などを起こす危険性もあるので、気をつけて用法用量を守るようにしましょう。

 

 

また長く摂取する事に対して大きな問題は無く、コドミンはかえって長く持続しいくのがとても効果が出るようなので3カ月は頑張って続けていく事が大切みたいです。

 

 

口コミでも効果が中々出ないと諦めてしまったり、お子様が飲み続けるのに飽きてしまったりと中々続けていく事が大変のようです。

 

 

親子さんはできるだけ朝、おやつの時間、夜など時間帯を決めて、1日1粒を定期的に継続できるような環境を作ってあげましょう。

 

 

また、逆にラムネ味で美味しいからといって1日最高3粒を超える摂取は多量摂取の危険性が出てきてしまうので、親子さんが気をつけて量を守って与えてあげましょう。

 

 

3粒以上摂ったからと言ってさほど副作用はなさそうですが、1袋に30粒入なのであまり多く摂取してしまうと、基本は1袋で約1カ月分位で使用と出しているようなので、すぐ終わってしまいますので親子さんが1日1〜2粒と決めて時間帯も決めて与えてあげるようにしましょう。

 

 

 

結果コドミンは重篤な副作用の出るようなものではなくラムネ味で美味しく、用法用量を守って3カ月以上続けていく事によって効果が期待されるサプリメントのようです。

 

 

 

可愛い我が子に落ち着きが無く、いつも手を焼いてお疲れのお母さん、お父さん。

 

 

コドミンで落ち着きを取り戻せたら更に可愛い我が子となり、お父さんお母さんも笑顔でまた子育てが出来るようになりますね。

 

 

これで安心してお子様にコドミンを食べさせてあげられますね。

 

 

 

 

1クラスに2、3人はいるとされる発達障害。

 

可愛い我が子ももしかして?と悩んでらっしゃる親子さんもいるのではないでしょうか。

 

 

 

  • 落ち着きがなくじっとしていない
  • すぐ癇癪を起こしてしまう
  • 朝中々起きられない
  • 忘れ物がとても多い
  • こだわりがとても強い
  • お友達と一緒に遊ぶ事ができない

 

 

などADHD(注意欠陥・多動性障害)を疑われる症状です。

 

 

 

少しでも上記のような症状が現れたら、迷わずコドミンをおススメしますよ。

 

 

 

>>コドミンの公式サイトはこちら

 

 

 

 

関連ページ

気になるコドミンの成分はどんなものが使われてるの?
コドミンの成分について詳しくお伝えしています。 子供に飲ませるものなので、成分は気になりますよね。コドミンの主成分は一体何なのでしょうか?
子供用のサプリメント【コドミン】は何歳から飲んでOK?
ADHDの特徴的な症状の改善が見込める【コドミン】。このサプリは一体何歳から飲んでも大丈夫なんでしょうか?むしろ大人も飲んで平気?気になるところをお伝えしています。